| このサイトについて | お問合せ | サイトマップ | English |

Home

奨励賞受賞者 MSSJ RESEARCH AWARD

年度 氏名 所属 業績
2016 平 修 福井県立大学 親和性ナノ微粒子による選択的レーザー脱離イオン化研究とイメージング質量分析への展開
谷水 雅治 関西学院大学理工学部 原子量不確かさ把握のための高精度同位体分析技術の開発と地球化学への応用展開
2015 チェン リーチュイン 山梨大学医学工学総合研究部 超大気圧質量分析イオン源の開発とその応用
馬場 健史 大阪大学大学院工学研究科 超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いた代謝プロファイリング
宮下 正弘 京都大学大学院農学研究科 質量分析を用いた生理活性ペプチドの構造解析に関する研究
2014 本郷 やよい (独)理化学研究所 電子捕獲解離法をはじめとするイオン反応を利用した分子構造解析法の開発
杉浦 悠毅 慶應義塾大学 質量分析による代謝物イメージングの研究
福山 裕子 (株)島津製作所 生体高分子のためのMALDIマトリックスの開発と改良
2013 丸岡 照幸 筑波大学 同位体質量分析を用いた環境変動解析に関する研究
2012 青木 順 大阪大学 高空間分解能・高質量分解能を持ったイメージング質量分析装置の開発
浅川 大樹 横浜市立大学 脱離イオン化質量分析におけるイオンおよびラジカル生成機構に関する研究
瀬藤 光利 浜松医科大学 生体サンプルのMALDIイメージング質量分析に関する研究
2011 石濱 泰 京都大学 質量分析を用いたプロテオームおよびリン酸化プロテオーム解析システムの開発
川崎 英也 関西大学 機能性金属ナノ粒子を利用したレーザー脱離イオン化質量分析法
新間 秀一 大阪大学 生体組織の質量分析法に関する研究
2010 絹見 朋也 (独)産業技術総合研究所 質量分析によるタンパク質の翻訳後修飾の解析と応用
寺本 華奈江 日本電子(株) MALDI-MSによるバクテリアの迅速同定および分類手法の開発
2008 佐藤 貴弥 日本電子株式会社 らせん状のイオン軌道をもつ飛行時間質量分析計の開発
2007 有井 忠 (株)リガク 加熱時発生ガス質量分析法の開発に関する研究
津越 敬寿 (独)産業技術総合研究所 質量分析を用いた熱分解不安定ガス成分の直接検出とプロセスモニターへの応用
2006 奥野 昌二 (独)産業技術総合研究所 マトリックスを使用しないレーザー脱離イオン化の開発と応用
佐藤 浩昭 (独)産業技術総合研究所 質量分析法を用いた高分子材料の構造解析に関する研究
2005 益田 勝吉 (財)サントリー生物有機科学研究所 「質量分析法を用いたタンパク質の修飾解析と有機化合物の構造解析に関する研究」
  小田 吉哉 エーザイ(株)シーズ研究所 「質量分析を用いた生体成分の定量分析とリン酸化タンパク質解析に関する研究」
2004 静間 基博 大阪市立工業研究所 マススペクトロメトリーを用いた糖誘導体のキラル認識解明と応用に関する研究
  高橋 豊 日本電子株式会社 Nano-ESIの有用性の応用研究とMIKEスペクトル法による単分子分解機構の研究
2003 山垣 亮 東京大学大学院理学系研究科 ポストソース分解法による糖鎖構造の研究
2002 豊田 岐聡 大阪大学大学院理学研究科 マルチターン飛行時間型質量分析計の開発
2001 関口 治 群馬工業高等専門学校 有機化合物のメタステーブルイオン分裂に関する研究
内藤 康秀 北陸先端科学技術大学院大学 フーリエ変換イオンサイクロトロン共鳴質量分析計の基礎および応用研究
2000 中西 豊文 大阪医科大学病態検査学 MSによる疾患関連変異タンパク質の構造解析と疾患診断への応用
1998 平林 集 日立製作所中央研究所 スプレーイオン化法の開発およびイオン生成過程の解明
1997 櫻井 達 北陸先端科学技術大学院大学 扇形電場を用いた高性能飛行時間型質量分析装置の開発
竹内 孝江 奈良女子大学 EIマススペクトルにおける分子イオンからの単分子分解反応の研究
1995 明石 知子 味の素中央研究所 質量分析を用いたタンパク質および天然有機化合物の構造研究
比屋根 肇 東京大学大学院理学系研究科 希ガス質量分析による地球大気形成過程の研究
1994 石原 盛男 日本電子(株)分析機器技術本部 質量分析に関するイオン光学的研究
坂入 実 日立製作所中央研究所 液体クロマトグラフィー/大気圧イオン化質量分析法の開発
高山 光男 東邦大学薬学部 高速原子衝突によるイオン生成機構の研究
1993 中村 健道 三共(株)分析代謝研究所 タンデムマススペクトロメトリーの有機化合物構造解析への応用に関する研究
本間 芳和 NTT境界領域研究所 二次イオン質量分析法による高精度定量分析の研究
1992 飛田 成史 群馬工業高等専門学校 MIKEスペクトル法および重水素標識法による有機化合物のメタステーブルイオンの分解機構の研究
早川 滋雄 大阪府立大学総合科学部 衝突スペクトロスコピー法による電子移動およびイオン反応の研究
1991 篠原 久典 三重大学工学部 レーザー多光子イオン化・飛行時間型質量分析法を用いた分子クラスターの研究
1989 笠間 健嗣 東京大学医学部栄養学教室 GC/MCにおける先天性代謝異常(脳腱黄色腫)の診断法の開発
吉田 佳一 島津製作所 高質量分子イオンの検出を可能とするレーザーイオン化飛行時間型質量分析法の研究
田中 耕一 島津製作所
1988 代島 茂樹 成蹊大学工学部 化学イオン化-GC/MS法の高機能化とその応用
1987 山岡 亮平 京都工芸繊維大学 キャピラリーGC/MSによる昆虫微量生理活性化物質の多面的構造研究
1985 伊佐 公男 福井大学教育学部 イオン化のメカニズムの基礎的研究
原田 健一 名城大学薬学部 ソフトイオン化質量分析法による難揮発性天然配糖体の構造解析に関する研究
1984 西村 宏 大阪大学教養部 イオンマイクロプローブマスアナライザーの開発とその宇宙科学への応用
辻本 和雄 電気通信大学電気通信学部 生体成分のIN-BEAM質量分析法に関する研究
1983 松尾 武清 大阪大学教養部 シリコンエミッターFD法等高性能質量分析法の開発と応用
田中 健一郎 分子科学研究所 光イオン化質量分析による内部状態を選別したイオン-分子反応の研究
1982 神原 秀記 日立製作所中央研究所 特殊イオン化に関する研究
平岡 賢三 山梨大学工学部 パルス電子線型質量分析計を用いたイオン-分子反応の研究