| このサイトについて | お問合せ | サイトマップ | English |

Home

第42回BMSコンファレンス(2015)
[The 42nd Biological Mass Spectrometry Conference]

第42回BMSコンファレンス開催御礼

 2015年の第42回BMSコンファレンスは風光明媚な岐阜長良川にて約150名の皆様にご参加いただき、活発な討論を行うことができました。ご参加・ご討論いただきました皆様ならびに本コンファレンスの趣旨にご理解・ご賛同いただきました企業の皆様に衷心より御礼申し上げます。

 第42回BMSコンファレンスは「MSを以て天下を制す ~ Create the NEXT using MS ~」をメインテーマに、基調講演には市立貝塚病院の稲治英生 先生(当日は講演代理として大阪府立成人病センターの石飛真人 先生にご講演いただきました)、特別講演には日立製作所の神原秀記 先生、そして、岐阜大学の竹内豊英 先生をお招きしご講演をいただきました。この他にも、基礎講座、代謝物解析、バイオ医薬、生体分子の定量、やさしい質量分析、微生物分析、イメージング、高分解能解析のセッションを設け、第一線でご活躍の先生方を多数お招きしてご講演をいただきました。また、スポンサー企業によるプレゼンテーションと公募ポスター、夜遅くまで活発な議論が繰り広げられましたナイトセッション(企業技術紹介)も含め、有意義かつ記憶に残る内容のコンファレンスとなりました。ここに改めまして、本コンファレンスを作り上げていただきました皆様に感謝いたしますとともに、企画・運営にご尽力いただきました実行委員、ヘルプスタッフ、会場スタッフの皆様に厚く御礼申し上げます。

 皆様、来年の熱海でのBMSコンファレンスでまたお会いいたしましょう。
ありがとうございました。

2015年7月9日
第42回BMSコンファレンス実行委員長 黒野 定

主 催:
日本質量分析学会
会 期:
2015年7月6日(月)~8日(水)
会 場:
岐阜グランドホテル
〒502‒8567 岐阜市長良648番地
(JR岐阜駅,名鉄岐阜駅より岐阜バスで20分「長良川温泉」下車すぐ.
または無料シャトルバスで20分.)
TEL:(058)233-1111
FAX:(058)233-1122
http://www.gifugrandhotel.co.jp/
参加申し込み:
参加申し込みは終了しました。
開始:  2015年3月20日(金)
締め切り:2015年6月23日(火)
※参加申込の締切が6月23日(火)に延長となりました。

メインテーマ:
MSを以て天下を制す ~ Create the NEXT using MS ~
基調講演:
稲治 英生
(市立貝塚病院特任院長)
(講演代理)石飛 真人(大阪府立成人病センター)
特別講演-1:
神原 秀記
(日立製作所フェロー)
特別講演-2:
竹内 豊英
(岐阜大学工学部教授)
開催主旨:
 2015年7月6日(月)~8日(水)の2泊3日の日程で,岐阜県長良川河畔において第42回BMS (Biological Mass Spectrometry) コンファレンス(BMS2015)を開催します.BMSコンファレンスは,日本質量分析学会の部会であるBMS研究会の主たる活動であり,「質量分析によるライフサイエンス研究の発展を推進するとともに,人材の育成を通して,人,社会,ひいては地球の未来に貢献する」を活動理念として,毎年日本各地で開催しています.
 第42回目となる今回は,開催地ゆかりの戦国武将 織田信長公の勇士に倣い,メインテーマを「MSを以て天下を制す ~ Create the NEXT using MS ~」と致しまして,近年著しく発展していますMSを用いた高分解能解析や定量分析,そして,様々なイオン分離技術を駆使しながら,がん医療やバイオ医薬,タンパク質・代謝物,微生物などの様々な医療・バイオの研究に果敢に挑んでいるMSの最新状況をお伝えし,これからのMSの更なる可能性を議論したいと思います.また,企業,メーカー各社による最新技術の発表も必見です.プログラムの概要は,「基調講演」,「特別講演」,テーマごとの「応用講座」や並列開催の「グループディスカッション」の他,「ワークショップ」,初学者向けの「基礎講座」,企業・メーカー各社による「企業プレゼンテーション」,「企業展示」,「ナイトセッション(企業技術紹介)」,公募による「ポスター発表」などを企画しています.
 当コンファレンス発足時からの理念である「浴衣がけで語ろう」「参加者全員が平等の立場:大先生はいない!」の精神のもと,コンファレンス期間を通して参加者同士の交流や情報交換,そして,絆を深める機会としていただけたらと思います.実行委員一同,皆様のご参加を心よりお待ちしております.

第42回BMSコンファレンス開催趣意書&企業協賛申込書はこちら。
プログラム:
【基調講演】
稲治 英生(市立貝塚病院)
(講演代理)石飛 真人(大阪府立成人病センター)
「変わりゆく乳がん治療 -個別化医療への期待-」
【特別講演】
神原 秀記(日立製作所)
「研究開発40年の経験--質量分析からDNA解析そして1細胞解析へ--」
竹内 豊英(岐阜大学)
「液体クロマトグラフィーにおけるキャピラリーカラムの効果的な利用」
【基礎講座】
用語解説:吉野 健一(神戸大学)
LC/MS解説:溝奥 康夫(住化分析センター)
【応用講座1 代謝物解析】
オーガナイザー:楠本 雅典(大日本住友製薬)
柚木 克之(東京大学)
「トランスオミクス解析によるインスリン代謝制御ネットワークの再構築」
平山 明由(慶応大学)
「CE-MSメタボロミクスとその臨床応用」
中林 亮(理化学研究所)
「LC-FTICR-MSを用いたS-オミクスによる新規含硫黄代謝物の探索と発見」
【応用講座2 バイオ医薬】
オーガナイザー:竹内 敦子(神戸薬科大学)
関口 光明(塩野義製薬)
「核酸医薬研究における質量分析装置の活用法」
【応用講座3 生体分子の定量】
オーガナイザー:黒野 定(大阪大学・和光純薬工業)
上家 潤一(麻布大学)
「SRMのタンパク質定量への応用」
北 芳博(東京大学)、○山田 真希(東京大学、島津製作所)
「四重極型MSによる生体脂質代謝物の定量解析」
朝長 毅(医薬基盤・健康・栄養研究所)
「定量プロテオミクスの医療への応用」
【グループディスカッション(3セッション並列開催)1 やさしい質量分析 -人に聞けない悩みを解決!-】
オーガナイザー:堀山 志朱代(武庫川女子大学)
桑田 啓子(名古屋大学)
阿久津 弘明(旭川医科大学)
岡 征子(北海道大学)
【グループディスカッション(3セッション並列開催)2 質量分析法による微生物分析の現状と展望 ~実際問題、どうなのでしょうか? ザックバランな情報交換~】
趣旨:現時点で可能なこと、苦手なこと、課題にフォーカスし、情報交換・意見交換を行う
オーガナイザー:寺本 華奈江(日本電子)・吉野 健一(神戸大学)
寺本 華奈江(日本電子)
「質量分析による微生物分析の進歩 ~なぜここにきて流行り始めたのか?~」
澤 竜一(微生物化学研究会)
「MALDI-TOF MSを用いた有用微生物である放線菌の識別について」
松山 由美子(ブルカー・ダルトニクス)
「MALDI-TOF MSによる微生物分析の可能性」
半田 豊 (テクノスルガ・ラボ)
「MALDI-TOF MSを用いた微生物の同定法の実際と注意点 ~他の同定手法との比較から~」
【グループディスカッション(3セッション並列開催)3 イメージング】
オーガナイザー:益田 勝吉(サントリーグローバルイノベーションセンター)
矢尾 育子(浜松医科大学)
「質量分析イメージングで何が見えるか」
平 修(福井県立大学)
「食品のイメージング質量分析 -医薬分野以外の人がイメージングMSをしたら-」
田中 由香里(塩野義製薬)
「高分解能イメージング質量分析の創薬研究への活用」
【ワークショップ 高分解能解析】
オーガナイザー:益田 勝吉(サントリーグローバルイノベーションセンター)
パネリスト:
中林 亮(理化学研究所)
田中 由香里(塩野義製薬)
朝長 毅(医薬基盤・健康・栄養研究所)
【企業プレゼンテーション】
マトリックスサイエンス株式会社
アジレント・テクノロジー株式会社
サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社
ブルカー・ダルトニクス株式会社
株式会社島津製作所
日本ウォーターズ株式会社
日本電子株式会社
株式会社エービー・サイエックス
BASFジャパン株式会社
エーエムアール株式会社
ジーエルサイエンス株式会社
タイムテーブルはこちら
【再掲】タイムテーブルを一部変更致しました(2015年6月25日)
【ポスター発表(一般公募)】
【ナイトセッション(企業技術紹介)】
※受付開始時刻:  7/6(月) 12:00~
 コンファレンス開始時刻:  7/6(月) 13:00~
 コンファレンス終了・解散時刻: 7/8(水) 12:00
募集人員:
200名(予定)
参加登録費:
正会員: 37,920円
学生会員: 30,420円
非会員: 49,680円
学生非会員: 36,180円

内訳: 宿泊費+参加費
宿泊費(食事代含む): 25,920円(税抜価格24,000円、消費税額等1,920円)
参加費
  • 正会員:12,000円(不課税)
  • 学生会員:4,500円(不課税)
  • 非会員:23,760円(税抜価格22,000円、消費税額等1,760円)
  • 学生非会員:10,260円(税抜価格9,500円、消費税額等760円)
  • 「賛助会員」は非会員扱いとなります.
    学会入会ページは,http://www.mssj.jp/admission/index.html
  • 宿泊費の内訳: 2泊分の宿泊代等,初日夕食から3日目朝食までの食事代
  • 宿泊は複数名の相部屋となります.
    (ご事情により1人部屋もしくは2人部屋をご希望の場合は、予め実行委員会にお問い合わせ下さい。差額の料金は発生いたしますができる範囲でご要望にそえるようにいたします。)
  • 会期時点での税率の適用となります.
参加登録に
あたっての諸注意:
  • 参加登録は事前申込のみとなります.
  • 参加登録費のお支払いは銀行振込のみの扱いとなります.クレジットカードでのお支払い,当日の現金でのお支払いはできませんのでご注意ください.
  • キャンセルポリシー:
    6/26~7/3:  50%
    7/4~7/5: 80%
    7/6以降: 100%
    返還手数料を除いた額の返金となります
(実行委員・事務局のボランティア活動で準備と運営を行っております.至らない点もあるかと思いますが,ご理解・ご協力をお願いいたします.)
公募ポスター発表:
BMSコンファレンスは参加者全員で共に学ぶ勉強会です.ご自身の研究に関してご紹介いただき,参加者同士でBMSに関するディスカッションを深める目的でポスター発表を公募します.奮ってご応募ください.
また今回は、学生の方のポスター発表の中から「Best Poster賞」を選出し表彰致しますので、多くの学生の方からのご応募もお待ちしております。
〈応募方法〉
  • 発表のタイトル,発表者氏名(連名の場合は代表発表者に○印),所属を明記し,200字以内の発表内容概要を添えて,5月15日(金)5月22日(金)までにbms2015@mssj.jp宛にe-mailにて送付してください.
  • まとまった研究発表でなくとも,進行中の内容,こんなことで困っている,こんなことをやりたい,等々,参加者同士でのディスカッションの題材となるような内容も歓迎いたします.既発表の内容を含んでいても構いません.
  • 商業的な内容の発表はご遠慮ください.製品の宣伝や性能評価等は,企業プレゼンテーション,展示,ナイトセッションの枠をご利用ください.
  • 発表内容概要は,採否決定の判断材料としてのみ使用いたします.採否の判断材料となる内容に加えアピールポ イントを含むようにしてください.
  • 公募ポスター発表については講演要旨集のプログラム欄に,タイトル,発表者氏名,所属を掲載します(発表内容概要は掲載されません).
〈採否の決定〉
  • お送りいただいた発表内容概要を元に実行委員会で採否を決定し,発表者にe-mailにて連絡いたします(発表内容概要受領後7営業日程度(土日祝日を除く).
  • スペースの関係で発表をお断りする場合がございます.ご希望の方はお早めにお申込みください.
〈ポスター発表の実施方法〉
  • 掲示スペースは幅90 cm,高さ約200 cm,A0サイズ相当の予定です.
  • ポスターは,会期を通して掲示していただきます.会場到着後,速やかに掲示いただくようお願いします.
  • 公募ポスター発表のコアタイムは7月7日(火)13:00-14:00の予定です.
  • 企業や所属機関のロゴの使用はタイトル部分1カ所のみ可とします.
  • 掲示されたポスターの内容が営利目的であると実行委員会が判断した場合,通告なしに撤去することがあります.
送迎バス:
JR岐阜駅‒会場間の送迎バスを運行します.

無料送迎バス発車時刻
7/6(月)JR岐阜駅前→会場(岐阜グランドホテル)
JR岐阜駅前発時刻(11:15、11:45、12:00、12:15、12:25)
各便定員がありますのでお早めにお申し込み下さい。
定員:1便目43名、2便目50名、3便目50名、4便目43名、5便目28名
7/8(水)会場(岐阜グランドホテル)→JR岐阜駅前
岐阜グランドホテル発時刻(12:30)
定員:171名、復路の時間は1便のみとなります。
所要時間(目安)約25分
上記特別便以外のホテルの無料シャトルバスや有料の路線バスもございます。
ベビーシッター:
幼児同伴の参加者のためのベビーシッターサービスを提供する予定です(要事前予約・自己負担金あり).利用ご希望の方は,参加登録時にお申込みください(仮申込み可).詳細につきましては下記お問合せ先にお尋ねください.
実行委員長:
黒野 定   (大阪大学・和光純薬工業(株))
実行委員:
片木 宗弘 (大阪府警察科学捜査研究所)
楠本 雅典 (大日本住友製薬(株))
竹内 敦子 (神戸薬科大学)
堀山 志朱代 (武庫川女子大学)
益田 勝吉 (サントリーグローバルイノベーションセンター(株))
溝奥 康夫 ((株)住化分析センター)(事務局)
吉野 健一 (神戸大学)
お問合せ先:
第42回BMSコンファレンス実行委員会
E-mail:bms2015@mssj.jp

*

Waters