メニュー


発表予定の方へ(必ずお読みください)
このページには、総合討論会が近づくにつれて最新の情報が追加されていきます。発表予定の方は、随時ご確認ください。
− 目次 −
発表募集内容 発表申込方法(講演要旨集用原稿の提出含)
講演要旨集用原稿の執筆要領等 英文概要・講演要旨集発行日
ベストプレゼンテーション賞 シンポジウム・ワークショップ
発表要綱(一般口頭発表) 発表要綱(ポスター発表)
発表要綱(基調・特別・受賞)

発表募集内容
質量分析およびその周辺分野に関する口頭発表と、ポスター発表を公募します。

本討論会では、一般口頭発表とポスター発表のセッションに加え、企画セッション(シンポジウム・ワークショップ)を開催します。企画セッションによっては、招待講演に加えて、公募口頭発表も受け付けます。各セッションの詳細をご覧ください。企画セッションへの投稿の採否は各オーガナイザーが審査し、採否を決定、発表申込者に連絡します。不採択の方へは、一般口頭発表かポスター発表への変更をお願いすることになりますので、ご了承ください。

申し込まれた演題について実行委員会内のプログラム委員会で審査し、採否を決定、発表申込者に連絡します。なお、申し込み時に口頭発表かポスター発表のどちらを希望するかを選んでいただきますが、プログラム委員会で議論の上、口頭発表からポスター発表、あるいはポスター発表から口頭発表への変更をお願いすることがあります。

申し込み方法(発表申し込み、必要情報の登録、講演要旨集用原稿の提出等)につきましては、下の「発表申し込み方法」をご参照ください。

発表申し込み方法(講演要旨集用原稿の提出を含む)
発表申し込みは、原則として代表発表者(演台、ポスターの前に立つ人)ご自身にウェブサイトから行っていただきます。不明な点がありましたら、「よくある質問」をご確認ください。それでも分からない場合は、ヘルプデスクまでご相談ください。
やむを得ない事情によりインターネット経由の講演申し込みを利用できない方は、なるべく早く実行委員会事務局までご相談ください。締め切り間際になりますと、対応が不可能な場合もあり得ますのでご注意ください。
若手の育成を期すために、ベストプレゼンテーション賞をもうけました。ベストプレゼンテーション賞にエントリーされたポスター発表の中から5件程度を審査の上表彰します。エントリーを希望される方(若手かどうかは自己申告)は、選択項目がありますので申告をしてください。
インターネットから申し込む場合

左メニュー欄の「討論会に申し込む」から申し込み手続きができます。申し込みの際に必要な事項は以下の通りです。

必要事項
  1. 参加登録番号(演題登録を行う前に参加申し込みを行うことにより取得できます)と登録時に使用したEメールアドレス
  2. 発表申込者(連絡先:通常は代表発表者と同じ)の郵便番号、住所、氏名、電話番号、Eメールアドレス
  3. 和英両方(英文のみでも可)で演題、発表者全員の氏名・所属(略称併記)
  4. 代表発表者(演台、ポスターの前に立つ人)の氏名
  5. 英文概要(on-line アブストラクト):詳細はこちら
  6. 発表形式(各種口頭発表、ポスター発表、ランチョンセミナー等)
  7. 発表(希望)セッション名(シンポジウム・ワークショップでの発表の場合)
    --> 一覧はこちら
  8. 発表希望分野の選択
  9. ベストプレゼンテーション賞にエントリーするかどうか
  10. 講演要旨集用原稿ファイル:執筆(作成)要領、ファイル形式、インターネット経由での登録(アップロード)、及び<極めて重要>アップロード後のファイル(印刷イメージ)の確認方法等について、「講演要旨集用原稿の執筆要領等」をよく読んでください。

締め切り 2013年6月20日(木) 17時00分まで (締切厳守)
2013年6月25日(火) 17時00分まで (延長しました;締切厳守)
受付は締め切りました。

※ 重 要 総合討論会トップページの「演題申し込み」欄の注意事項も併せてご参照ください

(1) 「発表申し込み」前に、予め代表発表者の参加申し込みを行っていただくことが必須です。参加申し込み、発表申し込みはこのサイトから一連の流れで行えます。
(2) 「発表申し込み」時に、「講演要旨集用原稿」の登録(アップロード)を行っていただきます。登録(原稿のアップロード)を終了しないと、演題申し込みを完了することはできません。
(3) 「講演要旨集用原稿」のアップロード後に、必ず原稿の状態(印刷イメージ)を、ご自分でご確認ください。<極めて重要> 確認方法の詳細等は、「講演要旨集用原稿の執筆要領等」の項に記載してありますので、必ずよく読み、著者(演題申込者)の責任において実施してください。原稿は人の目に触れず、そのまま印刷されます。確認を怠ったり、不具合を放置した場合は、そのままの形で印刷されます。
(4) 登録された演題について、ウェブサイトから内容の修正、演題取り消し等を行うことができます。演題締切以降は操作できなくなりますので、ご注意ください。
(5) 講演タイトルと演者名を掲載したプログラムを、ウェブ上で7月25日に公開します。
(6) 講演要旨集の発行日は9月2日です。講演要旨集発行日以降、参加申し込み時に入力いただいた英文概要(on-line アブストラクト)を併せてウェブ上で公開予定です。発表内容に関わる特許出願等を予定されている方はご注意ください。特許について
(7) オンライン公開の概要を英文としているのは、本討論会の国際化やキーワード検索の利便性等を考慮してのものです。英文概要を入力せずに演題登録を終えることも可能ですが、その場合は Web 公開時等には概要が登録されていない旨が明記されます。
(8) 国際化の観点から、要旨集用原稿の図表の英文化についても強く推奨いたしております。ご協力をお願い申し上げます。
インターネット経由での演題申し込みを利用できない場合

原則としてインターネット経由での申し込みをお願いしておりますが、やむを得ない事情によりインターネット経由の講演申し込みを利用できない方は、なるべく早く実行委員会事務局までご相談ください。締め切り間際になりますと、対応が不可能になってしまう場合もあり得ますので、ご注意ください。

講演要旨集用原稿の執筆要領等
講演要旨は英語で執筆されることを推奨します。英語で執筆される場合は英語原稿作成用雛形を、日本語で執筆される場合は日本語原稿作成用雛形をご使用ください。
A4版1枚(縦)の用紙に上下左右に充分なマージン(余白)を空けて印刷可能な原稿を、Microsoft Word 等のワープロソフトを用いて作成してください。実物の要旨集はA4版白黒印刷となります。マージン(余白)の大きさやその他執筆要領の詳細については、必ず下記のサンプル(雛形)をご参照ください。
英語原稿サンプル: PDFファイル(「Adobe Reader」が必要です)
英語原稿作成用(雛形): Microsoft Wordファイル(「Microsoft Word」が必要です)
日本語原稿サンプル: PDFファイル(「Adobe Reader」が必要です)
日本語原稿作成用(雛形): Microsoft Wordファイル(「Microsoft Word」が必要です)

※ 上記の雛形ファイルはMicrosoft Word 2003形式(.doc)ですが、本討論会から Microsoft Word 2007以降の形式(.docx)にも対応しています。
インターネット上から要旨原稿の登録を行う際の注意

現在、下記ファイルのみを受け付けます。原稿イメージ確認の関係で、Microsoft Word の文書ファイル(.doc あるいは .docx ファイル)での登録(アップロード)を推奨しておりますが、Microsoft Word をご利用にならない方は、他のワープロソフト等で作成したファイルから予めPDFファイルを作成してアップロードしてください(下記、「PDFファイルで投稿する方」の項の注意事項をよくお読みください)。

ファイル形式 - Microsoft Wordファイル(推奨 「Microsoft Word」が必要です)
 もしくは、
- PDFファイル(「Adobe Acrobat」等が必要です)

ファイル・サイズ 要旨原稿ファイル 2Mバイト未満

ファイル作成方法 ○ Microsoft Wordファイルでの投稿(推奨)
上にある原稿作成用雛形を参考に Microsoft Word で作成した文書ファイルをそのまま登録(アップロード)に用いてください。
○ PDFファイルでの投稿
先ず上にあるサンプル(PDFファイル)にならってお使いのワープロソフトを用いて原稿を作成した後、文書ファイルを Adobe Acrobat 等のPDFファイル作成ソフトを用いて、PDFファイルに変換して保存してください。その際、全てのフォントが正しく埋め込まれているか、必ずご確認ください。
(Adobe Acrobat ではジョブオプション「Press」を選択して PDF ファイルを作成してください)

原稿イメージの
確認作業
下記の注意書きをよくお読みになり、著者(代表発表者もしくは演題登録を行った人)の責任において必ず実施してください。
<極めて重要>


(1) 原稿アップロード後、20分程度で演題登録完了を通知するEメールをお届けします。
(2) このEメールに記載されている方法に従って、インターネット経由で登録後の原稿状態を点検し、画像落ち、文字化け等が無いことをよく確認してください。
(3) Microsoft Word のファイルをアップロード(推奨)した場合は、講演要旨集に印刷されるイメージほぼそのままをインターネット経由で確認できます(実際の印刷物より画質は多少低下します)。
(4) PDFファイルをアップロードした場合は、元のPDFファイルにフォントの埋め込みが正しくなされていない場合、この方法では文字化け等を確認できない可能性があります。フォントの埋め込みに自信のない方は、身近におられるPDFファイルに関して詳しい方にご相談いただくか、ヘルプデスクまでご連絡ください。
(5) もし、この段階で文字化け、行ずれ、ページ数の超過、画像や図表の欠落等があった場合は、必ずご自分で原稿のファイルに必要な修正を加えた上で、原稿を差し替えてください。締め切り期日までは原稿の差し替えや演題登録内容の変更は、自由に行えます。
(6) 印刷される要旨は白黒1ページです。また、アップロードされた原稿が2ページ以上あった場合、確認作業の際には全てのページを正常に見ることができるかも知れませんが、実際に印刷されるのは先頭から1ページだけです。ご注意ください。1ページしかない原稿をアップロードしても変換過程で行ずれが起きて2ページになってしまうこともあり得ます。実際に印刷されるイメージを必ずご確認ください。
(7) もし、カラー図表等を含む原稿をアップロードした場合、確認作業ではカラーのまま見えるかもしれませんが、実際の要旨集は白黒印刷です。最初から、白黒印刷を前提として原稿を作成してください。
(8) 原稿は人の手を経ず、そのまま要旨集の印刷へと回されます。著者が確認を怠ったり、不具合を放置した場合、そのままの形で印刷されてしまいます。著者の責任による原稿の確認に、是非、ご協力をよろしくお願いします。
(9) 原稿イメージの確認作業について分からないこと、困ったこと等がありましたら、ヘルプデスクまでご相談ください。

英文概要・講演要旨集発行日
英文概要(on-line アブストラクト)について

英文概要は200語以内で作成してください。講演要旨集用の原稿から英文アブストラクトをそのまま転載(コピー & ペースト)していただいても結構です。使用できる文字は半角英数字のみですが、いくつかの HTML タグ(詳しくは、こちらを参照)も使用可能です。採用された一般演題の英文概要は、討論会前、講演要旨集の発表日以降に、プログラムと一緒に Web で公開される予定です。特別講演、シンポジウム等の英文概要については、公開日が異なる可能性がありますので、必要に応じて各セッションのオーガナイザー等に確認してください。HTML タグを使用した場合は、必ず演題登録の際の確認画面「プログラム、要旨集記載見本」の「Abstract」部分を見て、ご自分の意図したとおりの表示になっているか確認してください。(同じ確認画面の下方「英文概要」の項目には、入力したタグがそのまま変換されないで表示されます。)

講演要旨集発行日

本年度総合討論会の講演要旨集の発行日は9月2日です。

ベストプレゼンテーション賞
若手の育成を期すために、ベストプレゼンテーション賞をもうけました。
ベストプレゼンテーション賞にエントリーされたポスター発表の中から5件程度を、参加者の皆様による投票(第一日、第二日各一票ずつ)と実行委員並びに質量分析学会委員による評価に基づき表彰します。
エントリーを希望される方(若手かどうかは自己申告)は、発表申し込み時に選択項目がありますので、申告をしてください。

○ 賞の詳細
賞の名称:第61回質量分析総合討論会ベストプレゼンテーション賞
賞の内容:第61回質量分析総合討論会(2013,つくば)において、ポスター発表の中から独自性、正確さ、表現の分かりやすさ、将来性についての厳正な審査によりきわめてすぐれていると判断された者に与えられる賞

シンポジウム・ワークショップ *【 講演番号にS, Wを含む場合 】
講演番号
について
「○△- S◇-xxxx」(左記Sはシンポジウムです。ワークショップはWと表されています。一文字目の○数字は発表日(1日目、2日目、3日目)を表しています。2文字目の△の部分には「B〜D」のいずれかのアルファベットが入っており、会場を表しています。◇の部分にはシンポジウム番号が入っております。最後のxxxxの部分には数字が入っており、講演開始時間になっています。

例:1B-S1-1200 -> 1日目(9月10日)のB会場の12時00分からのシンポジウム1講演
講演会場 B会場は1F大会議室101、C会場は1F大会議室102、D会場は2F大会議室202になります。
会場内フロアマップ(PDFファイル、「Adobe Reader」が必要です)
講演時間 1講演あたり20分を基本、キーノート講演は40分とします。いずれも5分程度の質疑応答時間を含みます。
講演の持ち時間をお確かめください。
予備の時間はありません。時間厳守でお願いします。
講演形態 液晶プロジェクターをご使用ください。コンピュータは各自ご持参ください。インターフェースとしてアナログVGAケーブル(mini D-SUB 15PIN)を用意します(一部の機種は接続のためのアダプタが必要なものがありますのでご確認ください)。 ご持参いただくノート PC のプロジェクターへの接続準備と確認のため,ご自身の講演が含まれるセッション開始時刻の 30 分前(ご自身の講演開始時刻の 30 分前ではありません)に講演会場にお越しいただき、受付の液晶モニターにて画像をご確認ください。また、ACアダプターもあわせてご持参いただきますようお願いいたします。セッションの間パソコンを稼動した状態のままお預かりすることになります。トラブル防止のため、前もってスリープ(省電力)機能とスクリーンセーバーを共に解除しておいていただきますようお願いいたします。
講演スライド
の言語
講演スライドの表記は可能な限り英語でお願いいたします。発表言語は、日本語もしくは英語でお願いいたします。

一般口頭発表 *【 講演番号にOを含む発表 】
講演番号
について
「○C-On-xxxx」と表されています。講演番号の最初の○の数字は発表日(1日目、2日目、3日目)を表しています。2文字目の「C」は会場を表しています。Onはセッション名を表しています。最後のxxxxの部分には数字が入っており、講演開始時間になっています。
講演会場 C会場(1F大会議室102)になります。
会場内フロアマップ(PDFファイル、「Adobe Reader」が必要です)
講演時間 講演時間は、15分発表5分の質疑応答で、計20分です。 この時間には、交代の時間も含み予備の時間はありません。時間厳守でお願いします。
講演形態 液晶プロジェクターをご使用ください。コンピュータは各自ご持参ください。インターフェースとしてアナログVGAケーブル(mini D-SUB 15PIN)を用意します(一部の機種は接続のためのアダプタが必要なものがありますのでご確認ください)。 ご持参いただくノート PC のプロジェクターへの接続準備と確認のため,ご自身の講演が含まれるセッション開始時刻の20分前(ご自身の講演開始時刻の 20 分前ではありません)に講演会場にお越しいただき、各自接続の確認をしてください。*) また、ACアダプターもあわせてご持参いただきますようお願いいたします。セッションの間パソコンを稼動した状態のままお預かりすることになります。トラブル防止のため、前もってスリープ(省電力)機能とスクリーンセーバーを共に解除しておいていただきますようお願いいたします。
講演スライド
の言語
講演スライドの表記は可能な限り英語でお願いいたします。発表言語は、日本語もしくは英語でお願いいたします。


ポスター発表 *【 講演番号にPを含む発表 】
講演番号
について
「○P-xx」と表されています。講演番号の最初の○の数字は発表日(1日目、2日目、3日目)を表しています。後半のxxの部分には数字が入っており、ポスター番号になっています。
例:1P -01 -> 1日目(9月10日)のポスター番号01
ポスター会場 ポスター会場はP会場(1F多目的ホール)となります。
会場内フロアマップ(PDFファイル、「Adobe Reader」が必要です)
ポスターボード
のサイズ
ポスターボードの大きさは幅180cm、高さ210cmです。画鋲またはベルクロテープでの貼り付けになります(画鋲等は各自でご用意下さい)。
ポスター掲示 下記指定時間に、各自ポスター番号のボードに掲示するようにしてください。
1日目(9月10日(火)) 10:00-17:00
2日目(9月11日(水)) 9:00-17:00
3日目(9月12日(木)) 9:00-15:00

掲示時間帯の終了時間までに撤去されていないポスターは実行委員会側で撤去し、処分致します。
コアタイム 代表発表者は、以下の時間にポスターの前での発表、説明を行ってください。

◇1日目〜3日目共通
ポスター番号が奇数の場合 発表コアタイム: 11:20-12:20
ポスター番号が偶数の場合 発表コアタイム: 13:40-14:40

基調講演・特別講演・受賞講演・60周年記念企画 *【 講演番号にPL、SP、AWまたはANを含む場合 】
講演番号
について
「○A- PL◇-xxxx」(左記PLは基調講演の例、特別講演はSP、受賞講演はAW、60周年特別企画はAN)と表されています。講演番号の最初の○の数字は発表日(1日目、2日目、3日目)を表しています。二文字目の「A、B」は会場名になります。◇の部分には基調講演番号が入っております。最後のxxxxの部分には数字が入っており、講演開始時間になっています。

例:1A-PL1-1000 -> 1日目(9月10日)のA会場の10時00分からの基調講演 1
講演会場 A会場(大ホール)になります。
会場内フロアマップ(PDFファイル、「Adobe Reader」が必要です)
講演時間 基調講演は50分、特別講演は60分です。いずれも座長による紹介や講演後の質疑応答を含みます。
受賞講演は20分です。座長による紹介を含みます。
講演形態 液晶プロジェクターをご使用ください。コンピュータは各自ご持参ください。インターフェースとしてアナログVGAケーブル(mini D-SUB 15PIN)を用意します(一部の機種は接続のためのアダプタが必要なものがありますのでご確認ください)。 ご持参いただくノート PC のプロジェクターへの接続準備と確認のため、ご自身の講演が含まれるセッション開始前の休憩時間になれば講演会場にお越しいただき、各自接続の確認をしてください。また、ACアダプターもあわせてご持参いただきますようお願いいたします。セッションの間パソコンを稼動した状態のままお預かりすることになります。トラブル防止のため、前もってスリープ(省電力)機能とスクリーンセーバーを共に解除しておいていただきますようお願いいたします。

講演に関するお問い合わせ先
>> お問い合わせ先はこちら

Copyright (C) 1998 - 2014 The Mass Spectrometry Society of Japan